バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

檜山良昭  「パナマ運河を破壊せよ」  の読書感想。

檜山良昭
  • comment0
  • trackback0
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

檜山良昭  「パナマ運河を破壊せよ」   光文社文庫


檜山良昭  「パナマ運河を破壊せよ」   光文社文庫


第二次世界大戦における、IF(もしも)ストーリー。
こういった歴史イフ・モノが数年前爆発的に売れたが、
檜山良昭はそのパイオニア的作家。

中学生のころ「日本本土決戦」とか「アメリカ本土決戦」とか
ハラハラして読んだもんです。最近富みに懐かしくなって、
本書とか「ソ連本土決戦」なんかを購入してしまった。

「海底空母・伊四00」が、もし実戦投入されて、
パナマ運河を爆撃できたら、という架空戦記。

この「海底空母・伊四00」とは大型潜水艦のことで実在してます。
特殊攻撃機「晴嵐」3機を格納運搬できたというサンダーバードに
出てきそうなオモロイ潜水艦で、第二次世界大戦期最大の潜水艦。
地球を一周半も航行できる、脅威の航続距離を誇ってたんだぞお。

同形の伊四0一と子分格の2隻の潜水艦を従え、
4隻の潜水艦は各自バラバラにパナマ運河沖を目指します。
果たして、パナマ運河爆撃は成功するのか?

大体こういったイフものは、先が見えてます。
悪戦苦闘の末、パナマ運河は爆撃成功。
しかし歴史の大きなうねりを変える事は出来ず、
彼らのラストは哀しいもの・・・。

そんな風に想像しながら読んだんですが、
これがまたリアルに描かれてるんですわ。
まるで本当にあった事を、体験者から取材したかのように。
しかもパナマ運河爆撃を終えた後も、読ませます。

私の予想では、爆撃成功のあとは十ページくらいの後日談がつくのかな、
と思ってた。

ところがどっこい、そのあとの潜水艦も波乱万丈。
日本へ帰還しようと、涙ぐましい闘いが続く。
しかも終戦日が近づいている。

もうすっかり潜水艦乗組員たちに感情移入している私は、
どうにか彼らを故郷日本へ帰らせてやってくれ~!と祈ってしまう。
果たして彼らが無事、日本に辿り着けるかも、本書の読みどころ。
山場を2つも用意してあった事に、2度感心したIF戦記。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply