バイトの労働条件

新井素子  「素子の読書あらかると」  の読書感想。

にほんブログ村 本ブログへ

新井素子  「素子の読書あらかると」  中公文庫

新井素子  「素子の読書あらかると」  中公文庫


平成7年に書かれ、平成16年に文庫化された読書エッセイ。
新井素子も来年で五十歳。
ぶっちゃけ調の文体に驚いてから、もう何十年も経った。
彼女はこのエッセイでも彼女独特の文体を保持、素子節で語っています。


語り口は等身大なんですが、語っている内容は博学。
莫大な読書の裏付けをもとに、彼女の読後感が語られています。
良家の子女ながら若くして作家として成功を治め、
やさしい旦那にも恵まれている素子さん。

誰に媚びる必要も無く、自分の思うがままの感想に終始しています。
もちろん良家の子女ですから、他人の悪口はありません。
気に入った当時の新刊中心に語られています。

この読書エッセイを読んで、直ぐ読んだのがアシモフの
「ファウンデーション」。

言わずと知れたSFの大名作ですが、ファウンデーション・シリーズは
買い置きされてハヤ数年。でも彼女のファウンデーション賛美に、
意を決して読みました。こういった読書エッセイの面白いところは、
この本を元に更に多くの本に興味が広がること。

他にも北川歩実や西澤保彦が絶賛されていて、目のつけどころは問題なし。
彼女の文体さへ受け入れられる人は、審美眼と博学に裏打ちされた
読書感想なので、参考になる一冊だと思います。

本書でも書かれていますが、SF作家だからこそ、
国内SFについては余り書かれていません。
ミステリ中心に、採り上げられています。


人気ブログランキングへ
↑ぽち投票よろしくおねげーしまーす♪

関連記事
スポンサーサイト
新井素子中公文庫

Comments 0

Leave a reply