バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

檜山良昭  「ソ連本土決戦」  の読書感想。

檜山良昭
  • comment0
  • trackback0
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


檜山良昭  「ソ連本土決戦」  光文社文庫

檜山良昭  「ソ連本土決戦」  光文社文庫


「日本本土決戦」「アメリカ本土決戦」と並ぶ、
著者渾身の本土決戦三部作の一作。
この文庫版でも初版が1989年だから、かれこれ20年前の作品。
それなのに構想やシミュレーションがちっとも陳腐化しておらず、
ある意味完成版ともいえる出来。

太平洋戦争直前、日本はアメリカとの関係悪化修復を試みているが、
なかなか進展はしていない。そんな折り、ドイツがソ連に侵攻。
モスクワ目指してドイツ軍は三方面で北上してゆく。

そんな好機を満洲の関東軍は黙って見送っていられるのか?
「もし」、関東軍が謀略を用いて、暴発していたら・・・と云うのが本書。

いくらソ連がドイツから猛攻を受けていても、ソ連は大国。
ドイツの電撃作戦で開戦当初は押しに押されるが、
反撃体勢が次第に整っていく。逆にソ連極東方面軍と
辛うじて拮抗できる兵力で暴発せざるを得ない関東軍は、
侵攻当初から四苦八苦。
早々に計画の破綻が見始められる。

ドイツ撃退の感触が出始め、関東軍とも持久戦が展開されだす。
そう、季節は「冬」に入ってゆく。
夏用体勢で侵攻した日本軍はソ連の冬が来る前に、
第一次計画完了を前提に暴発しただけに、
それが不可能となった「冬」、暗澹たる未来が見え出す。
そんな終盤で本書は終わる。

アメリカのソ連協力や外交も綿密に描かれており、
想定されうる限りの「イフ」が描かれている。
「日本本土決戦」「アメリカ本土決戦」の後に書かれただけあって、
緻密さは前者を遥かに凌ぎ、シミュレーションが好きな人には
堪らない内容となっている。


人気ブログランキングへ
ポチ投票よろしくお願いしまーす♪


関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply