バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

角田光代  「ピンク・バス」  の読書感想。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 本ブログへ


角田光代  「ピンク・バス」  角川文庫

角田光代  「ピンク・バス」  角川文庫


著者の角田光代さんてテレビにも出たりして、
ふわふわほんわりした柔らかな感じな人で、なかなか好感度高だった。
もしそんなビジュアルな気持ちで角田作品に手を出すと、痛い目に合う。
なんて言うかな、なんともいやぁな気分にさせてくれる「作風」。

表題作「ピンク・バス」約九十ページと、
「昨夜はたくさん夢を見た」七十数ページの中短篇2本。

読みやすいよね、と始めたらこれが重い。
文体はやさしいのだけど、書いてある内容と云うか
世界と云うか、起こる事象がヘンなのだ。
ちょっと病んでる。

「ピンク・バス」は妊娠初期の女性が主人公。
妊娠初期女性がヒロインと云うだけで、
なんだか危うい予感を起こしますが、やっぱりヘンな展開。

旦那の消息不明だったと言う姉が突然やって来て、居候を決め込む。
それでなくとも初めての妊娠でヒロインは不安で一杯なのに、
心無い発言や行動(居候)でヒロインは不満で一杯。
通常の展開だと、「でもやっぱり、そんな義姉の本当の優しさに心が
ほだされてゆく」展開が待っているのだが、角田光代はそんなに甘くない。

ピンク色のバスが来て、どうやら姉はそれに乗ってゆくと言う。
バスには学生時代浮浪者経験を伴に体験した男性が
乗っているようで・・・浮浪者経験?

そもそもこのヒロインはヘンな人で、いそうなようでなかなか
そこまではいないよ、というような人。
中高は不良で、大学入学後はナゼかお嬢様スタイル。
そんな自分らしく無い毎日で出会うのが、浮浪者そのものの青年。
彼との強烈な浮浪譚が挿入されてゆき、話の展開は一層判らなくなる。

読んでいても絶えず先が不安で、ちっとも安心して読めない。
冒険小説のはらはらワクワクでなく、何とも言えぬ
将来の不安感というか、危険な香りがいっぱいする展開。
こういった独特の世界に惹かれる人も多いのだろうけど、
私は遠慮しときます。

もう一篇「昨夜はたくさん夢を見た」も、永年の彼氏がインドへ
放浪して行ってしまうという、不安な話。

どうも彼氏がヘンな方向に目覚めて、危なくなってきた末に
インドへ行ってしまう。残された「私」も取り乱す事もなく、
アンニュイな日常を語ってゆく。
うーん、変わってる。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
ポチっと投票よろしくお願いしまーす♪

にほんブログ村 書評・レビュー


関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想文
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback