バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

隆慶一郎  「吉原御免状」  の読書感想。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

隆慶一郎  「吉原御免状」   新潮文庫

隆慶一郎  「吉原御免状」   新潮文庫


後水尾帝のご落胤であり、徳川の陰謀のため都落ちした幼児は、
宮本武蔵の手で育てられる(と云う設定)。

成長した幼児松永誠一郎は、徳川家康より下された吉原御免状を守るため、
吉原を襲う裏柳生と死闘を繰り広げてゆく。
この御免状には徳川家が震撼する秘密が書き込まれており、
それを取り返そうと柳生家・裏柳生相入り乱れて花街・吉原に襲い掛かる。

週刊新潮で好評連載された後、直木賞候補にもなり、
当時時代小説界にセンセーションを巻き起こしたそうだ。
痛快娯楽奇伝といった何でもありな設定、戦闘描写はかなりむごたらしく、
関ヶ原以降の家康は影武者だったという著者の自説など、
自由自在に話を創っている。

そういった創作性は大いに結構なのだが、どうも
渋味の無い華やかな装飾性が好きになれない。なんというのかな、
藤沢周平とか白石一郎みたいな淡々としたものは無く、
かといって山田風太郎とも何だか違う。

風太郎より土俗・風俗性が強く、自説(家康影武者説など)を
全面に押したてている。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ




関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想文
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback