バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

唯川恵  「ため息の時間」  の読書感想。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

唯川恵  「ため息の時間」   新潮文庫

唯川恵  「ため息の時間」   新潮文庫

女流作家の恋愛小説ってのは、あまり読んでいない。
山本文緒と村山由佳くらいか。
最近それもなんだしと思い、藤堂志津子とか新津きよみにも
手を出したりして。それでいて瀬戸内寂聴や林真理子は未読なんです、
何十年も読書してる割には読書範囲が狭い。

今回はそんな女流恋愛小説家のひとり、唯川恵を初読み。
恋愛モノ9編からなる短篇集、実に読みやすい。
かるーい現実の中に忍び寄るちょっとした積み重ねが、
その人にとっては大きな人生の変転に繋がってゆく。
大きな社会の中では些細な事でも、一人一人にとっては多きな事、
それが恋愛関係。

浮気のしっぺ返し譚(全く新しい逆転復讐劇!)。
家庭を顧みなかった男がリストラされた挙句の慣れの果て。
捨てた女がいつもベランダでカラスに餌をやっていたが為に。
ネットの仮想世界で妻に近づいて試そうとする男。
幼い頃女を作って出て行った父を、老いて病院から
引き取る事になった男の苦悩。

けっこう後味を残す苦い話も混じっているし、それでいて
電車の中で2時間くらいで読みきれる軽さ。
「肩ごしの恋人」は直木賞受賞作なので買ってあるけど、
短篇集ならもう一冊読んでもいいかな、てな感じ。
さくさく読めるけど、山本文緒ほど面白くも無く。
少しブラックが好きな人は向いてるかも。


人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
←投票御協力よろしくねん♪



関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想文
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback