バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

金両基  「物語韓国史」  の読書感想。

世界の歴史
  • comment0
  • trackback0
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


金両基  「物語韓国史」  中公新書


金両基  「物語韓国史」   中公新書


中公新書の「物語~史」シリーズ。
アメリカ、ドイツ、アイルランド、中東と読んできて、今回は韓国。

隣国なのに自分は韓国の事をどれだけ知っているだろう?
と自問してみると、ほとんど知らない。

日本史の授業に出てくるのは、新羅、高句麗、高麗、李氏朝鮮。
しかも時々出てくるもんだから、どうして王室や政権が
変遷したのかなんて全然知らない。と云う事で、今回も
知らない事ばかりで実に興味深く読めました。

残念なのは、近現代の歴史記述がちょっぴりだった事。
ここでハっと気付く。

日韓併合(本書では韓日併合)という時代だからだ。
逆の立場だったら、これは全く不愉快なこと。
ほんとに不愉快な反芻になってしまうのだ。

本書によって韓国史の概略は十分掴めるのだが、
古代史に割いているページ数が多く、神話とか伝説よりも
史実の連続を期待していたので、ここらへんは
ちょっと期待するものとは違っていた。

そうは言っても、初めて読んだ韓国史。
少し掴めた感じがするので、これからも隣国の事が
解かる本があれば、どしどし読んでいきたい。


人気ブログランキングへ
♣人気ブログランキングへ♣
ポチっとよろしくです(>Д<)ノ




関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply