バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

鈴木眞哉  「〈負け組〉の戦国史」  の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

鈴木眞哉 「〈負け組〉の戦国史」 平凡社新書


鈴木眞哉  「〈負け組〉の戦国史」   平凡社新書


著者の歴史観や通説に対する強烈な敵愾心を
どう受け止めるかで本書の感想は大きく異なる。

いろんな考え、拗ねた見方、通説打破とういったものを面白いと思うか、
目立ちたがり屋と思うか。

私自身かなりのひねくれ者と自負しているんですが、著者は筋金入り。
発想や着眼は微笑ましく、私は肯定的に読めました。各所で???と
思うこともあるんですが、いろんな見方を識りたい私にとっては面白い。

流行も終息しはじめた「勝ち組」発想を転換し、「負け組」から戦国大名
の興亡をみる、面白いじゃないですか。

戦国期や江戸初期の大名の興亡記って、当事者にとっては物凄い人生の大
転換だったわけだが、後世の我々から見れば一つのドラマなのだ。

あんなに頑張ったのに、あんなに胡麻摺ったのに、関ヶ原で西軍に付いた
ばっかりに改易されたとか、秀吉の次は秀次だとくっついていたら秀頼が
産まれたばっかりに一蓮托生になったり。

大友宗麟だとか大内義隆のように頑張ってればいくらでも大大名で
残れていた人もいるが、ほとんどの戦国大名は地理的や姻戚や大将に
仰ぎ見た人物によって結果が散々です。



人気ブログランキングへ
♠人気ブログランキングへ♠
ポチとよろしくー( ・∀・)ノ


関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply