バイトの労働条件

有吉佐和子  「紀ノ川」  の読書感想。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

有吉佐和子  「紀ノ川」  新潮文庫

有吉佐和子  「紀ノ川」  新潮文庫


和歌山県北部を流れる紀ノ川。
その流域に住む大地主四代の女系による大河ドラマ。

こういったものって、粗筋だけ読むと「面白いの?」と
思っていたのだが、どうしてどうして、流石に題名だけは
聞き知っていただけの事はあった。

ラストでは祖母となる若き頃の娘とその祖母から話はスタート、
時代は明治初期。

娘は川下の、格下ながら新興著しい地主に嫁いでゆく。
明治時代の大地主たちの生態が余すことなく描かれていて、
戦前の大地主がどのような生活をしていたか、
どのように生きていたのか、その一端が良く分かる。

女流作家だからでしょう、敢えて女系四代を描いてゆくのだが、
ストーリーがテンポよくて、決して読みやすい現代小説でもないのに
ドンドン読める。読みたくなる。

しかも読んだ手応えが大きく、読後感もいい。
著者には「有田川」「日高川」もあるそうで、
どこかで見つけたら是非読んでみたい。



人気ブログランキングへ
♡人気ブログランキングへ♡
ポチよろしくー♪


関連記事
スポンサーサイト
有吉佐和子新潮文庫

Comments 0

Leave a reply