バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

湊かなえ  「告白」  の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback1

湊かなえ  「告白」  双葉文庫


湊かなえ  「告白」  双葉文庫


多くのレビューで語られてるように、確かに、
このミステリは面白い。

全6章あるうちの第1章「聖職者」。
女教師によるホームルームでの生徒達を前にしての
犯人告発。そして犯人への驚くような制裁の告白。
冒頭で牛乳を全員が飲むシーンが効いています。

この第1章だけで、十二分に本書は完成されている。
しかしこれほど面白い第1章を提示されて、あと5章も
残っているのなら、読まずにいられないでしょう。

事件の詳細が様々な重要人物たちによって、
一人一章づつ語られてゆく構成は抜群で、
一章ごとに新鮮さは失われてゆきますが、
一人ひとりの生皮を剥がされてゆく様な真相告白は、
悪趣味なだけに面白い。

この本を読んでない人は、生徒達が女教師の子供(生徒)を
イジメ殺し、その復習劇かと思ってなさるんじゃないですか?

でも、違うんですよ。
殺人を犯す二人組のうちの、気の弱い少年の母親の
壊れてゆく描写がうまい。理想的な母親、自分が
思い描いていた通りの家庭だったはずが、
息子の愚行をきっかけにどんどん崩壊してゆく。
ここら辺の家庭劇も読みどころです。

たしかに面白い。
一日で読み終わらざるを得ません。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキング♠  ブログ村 書評・レビュー♠
ぽちヨロ♪


関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  告白
  •  第6回(2009年) 本屋大賞の受賞作で、松たか子主演で映画化もされた「告白」( 湊かなえ:双葉社)。読み終ったらイヤな気持になるミステリーを指す「イヤミス」としても評判の作品だ。  物語は、S中学校の1年B組の終業式の場面から始まった。クラスの担任の女
  • 2010.09.09 (Thu) 21:40 | 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]