バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

佐木隆三  「殺人百科」3  の読書感想。


佐木隆三  「殺人百科」3  文春文庫


佐木隆三  「殺人百科」3  文春文庫


終戦直後から七十年代までの代表的な殺人事件6編が収められている。
有名な小平事件の全容が描かれているほか、私は知らなかった歯医者による
誘拐事件などが取り上げられている。

この歯医者誘拐事件は、私の懐かしい場所が次々と出ていて、
実際この近辺の別の歯医者に通っていたこともあり、非常に驚いた。
もっと、通院していた時と時代は数十年も違うけど。

佐木隆三。
この人の本を、一冊でも読んだか読んでないかで、
本書への関心は全く異なるだろう。

佐木を読んでる人なら「はは~ん、彼の事件モノなら確かに面白そうだな。
今度古本屋で見つけたら買ってやろう」となるのだが、読んだこともない人は
「むかしの殺人事件ルポなんて、読みづらそうだしピンと来ないな」
となるだろう。

たしかに昔々の殺人事件だし、時代背景や現代人ならどうしてそんな原因で
殺人したり、殺害されるような場所に行ったりしちゃうのと思うんだけれど、
時代は変わっても人は人。

人間の持つ普遍性といいますか、昔と言っても昭和の人、
そんな昔の話でもない。

酒乱が嵩じて殺人を犯してしまう悲劇も出てくる。
お酒を呑んでおいしいなぁ、ムニャムニャ・・・
というパターンだったらいいが、酒を呑んだら大いに語りだす人が多い。

適度に上機嫌で、楽しく呑んで寝てしまえるならいいが、
日頃不平不満が溜っている人が論じだしたら厄介だ。

本書の酒乱殺人事件はそんな最悪な悲劇が描かれている。
ちなみに私は、呑み過ぎると胸焼けとか二日酔いになりやすいんで、
中ビン1本で一杯一杯になってしまう。
呑むのは好きなんだがなぁ。



**oo**oo**oo**oo**oo**oo**

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ぽちつとヨロ♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 書評・レビュー

**oo**oo**oo**oo**oo**oo**oo**


関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想文
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback