バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

小畑友紀  「僕等がいた 」  の読書感想。

漫画
  • comment0
  • trackback0

小畑友紀  「僕等がいた 」  小学館フラワーコミックス

小畑友紀  「僕等がいた 」  小学館フラワーコミックス


2010年8月、待望の第14巻が出た。
帯には「910万部突破!!日本全国が見守る矢野と七実の恋」。
ストーリーが凄い漫画といったら?
と問われて迷わずお薦めしたいのが本書。
未読の方に気遣って書くとすれば、途中思いもよらないことが起こる!
と言う事。

時間がグッと素っ飛ぶ手法にも驚いたし、
社会人に時を移した事によって作品の深みが百倍増した。

そもそも第1巻では絵柄が好きになれなかった。
フワフワとしたタッチ、画力は相当高い。
シリアスなシーンや下手ウマな合いの間、
ヒーロー矢野の屈託のない笑顔。
この矢野の笑顔にキュンと来るか来ないかが、
読み始めは大きいかもしれない。

しかし、キュンと来ない人も、数巻は我慢して読み続けましょう。
いずれこの二人には、途方もない未来が待ってるんですから。
あの衝撃の展開を味あわずして、本書の醍醐味は堪能できない。

少女漫画王道の、数々の試練や運命に翻弄されるけど、
最期は幸せが待っている・・・。
本書だけは、そこを外してくれるんじゃないかと
ジリジリ思いながら読んでます。

引っ張ってる、病んでいる、なんて思う読者も多いでしょうが、
現代若者の有り得る困難を全投入したとしたら、
こういったストーリーもアリだと思う。

また、主人公二人がそれぞれの抱える人間関係に阻まれて、
どうにも身動きできないラストこそ期待してしまう。
江戸時代だったら心中だろうし、現代だったら駆け落ちでしょうか。

ご都合主義を活用した、安易な終盤だけは避けて欲しい。
ここまで良く出来た大ラブストーリーなんだから、
是非是非、練りに練った結末に突き進んで欲しい。

高校時代の二人が輝きに輝いていただけに、
大人になった二人の悲惨さが
素晴らしい対照となって作品が大きくなっている。

それだけに、私個人の希望としては、
大悲劇的結末(誰も死ぬことなく、でも、暗く空ろな未来しか残っていない)
こそ語り継がれる名作になると思うんだが。どうでしょう?


■□*=.:+.*.+:.=*=.:+.*.+:.=*=.:+.*□■

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ポチ応援よろ!!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

■□*=.:+.*.+:.=*=.:+.*.+:.=*=.:+.*□■
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply