バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

広田厚司  「本当にあった戦争の話 」  の読書感想。

未分類
  • comment2
  • trackback0
広田厚司  「本当にあった戦争の話 」  光人社NF文庫


広田厚司  「本当にあった戦争の話 」  光人社NF文庫


これは面白い、お薦めです。
光人社NF文庫という、ちょっと特殊で、
小さな本屋さんでは取り扱っていない文庫であることが惜しい。
新潮文庫や文春文庫、もしくは中公新書あたりだったら、
もっと多くの人に気軽に手に取って貰えるだろうに。

逆に、著者広田厚司が凄いのか、光人社の編集企画力が凄いのか、
有名出版社ができなかった「いい仕事」を見事成し遂げています。

全体で50話ありまして、三部に分かれている。
第一部「諜報」、第二部「戦場」、第三部「政治謀略」。

第一部「諜報」は、所謂スパイ大作戦。
日本はスパイや情報戦にいまだに疎くて、戦時のゾルゲ事件くらいしか
大きな事件は無いですが、欧米はスパイ戦がゴロゴロ。
映画「007」なんかがシリーズ化される訳です。

有名な暗号機エニグマやカナリス提督の正体、
スウェーデンの石油王エリクソンなど、
魑魅魍魎な化かし合いが登場。

第二部「戦場」では、戦後という今だからこそ、
当時戦場の真っ只中での偶然が記録から判明する
軌跡のような話のオンパレード。

関が原の合戦ように何百年も前の戦いじゃないから、
何時何分こういう作戦行動をしたという記録が残っている。
ほんの数分の命令の違いが戦局に大きく影響してしまった、
と戦後だから解析できる。

あの時、あのタイミングで、ああすれば勝てたのにという、
歴史の深さが良く解るエピソードてんこ盛り。

第三部「政治謀略」。
よく「水面下で必死の交渉が重ねられたが・・・」なんて書かれますが、
歴史の一ページの記載されているのは、最終的な結果だけ。
実際は様々な可能性を多くの人たちがそれぞれの思惑を抱えて
動いているのです。

より強い力が、より激しい動機が、そして運命の
あがらいようの無い流れが、歴史を象(かたど)っている。
英国はヒトラーを買収しようとしたのか?
ヒムラーの失敗に終わった和平工作。
ヒトラーの個人秘書を務めたマルチン・ボルマンの謎・・・。

全50話あるんですが、興味の尽きない話ばかりで、
一話一話じっくりと読んでしまった。


+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ポチよろしくです!!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 書評・レビュー

+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+


関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

みことみ  
No title

ちょっと難しそうですが、機会があれば読んでみたいですね。

2010/12/23 (Thu)  | EDIT | REPLY |   
隊員">
隊員  
面白いですよ

光人社NF文庫はどこの本屋でも必ず売り場確保してる訳じゃないのが残念。
それだけに、機会があれば読んだ方がいいと思いますよ。

2010/12/23 (Thu)  | EDIT | 隊員さん">REPLY |   

Leave a reply