バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

奥田英朗  「イン・ザ・プール」  の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
奥田英朗  「イン・ザ・プール」  文春文庫

奥田英朗  「イン・ザ・プール」  文春文庫


精神科医と患者のとんでもエピソードからなる、短編5編。
こいつぁ面白いや、と第1編(憂鬱脱却のため水泳にのめり込む話)は
読んだが、編を追う毎にインパクトが弱まってくる。

ベストセラーになって、映画化されて、本書の次回作「空中ブランコ」は
直木賞と、今じゃ奥田英朗の出世作となったわけだが、奥田作品全体を
見通せばそこまで評価できるかな?というのが正直な感想。

総合病院の御曹司?は精神科医で、各科で放り出された患者が
最後の頼みと精神科のある地下にやって来る。

思い起こせば、各学年で一二を競う天才秀才は医者に
なっている可能性が高い。そんな彼らは、明朗活発で
スポーツマンというより、一癖あるおとなしい人が多かった。

そこへ以って、開業医の子供であるわけだから、少し変わった
医者がいる設定は実にノーマル。

変わった精神科医に、変わった症状の患者がやって来る。
治療法も変わっていれば、成り行きや結末も変わっている。
小説としてはなかなか良く出来た基本設定なんだが、
これが何パターンも続くと胸焼けしてくるのは私だけだろうか。

面白い事は確かだから、各編、時間を空けて時々読んだ方が良かったのかも。

もしくは数冊の短編集を著者も変えて、交代交代しながら
読めば良かったのかも。

そうは言いつつ、当然次作「空中ブランコ」は読むつもり。
奥田英朗自体は大好きだから、これからも読んでいきたい。


**oo**oo**oo**oo**oo**oo**

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
♦ブログ村 書評・レビュー♦

ぽちっとヨロです♪

**oo**oo**oo**oo**oo**oo**

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply