バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

山本周五郎  「さぶ」  の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
山本周五郎  「さぶ」  新潮文庫

山本周五郎  「さぶ」  新潮文庫


学生の頃読んでいただろうと勝手に思い込んでいたが、
今回読み始めてみて、すぐ未読だった事を悟った。

何をやってもドジでグズな「さぶ」と、対照的な「栄二」。
経師屋の住み込み奉公の二人は互いに励まし合いながら、というよりは、
栄二が、さぶを励まし続ける形で修行期間が過ぎてゆく。

大体こういう始まりは、颯爽と上手く行っている方に不幸が訪れる。
本書も予想した通りだったのだが、その不幸が半端ない。

ここまで何もかもが裏目恨めに出てゆくと、
後半でどう落とし前をつけるのか不安になってくる。
本書の最大の読み場はこの中盤で、鬼平ファンお馴染みの
石川島の人足寄場での描写は詳細を極め、刑務所実録でも
読んでいるような充実ぶり。

ただし終盤の落ち着けどころ、これは少し説教臭い。
周五郎作品全体に言えるのが「説教臭さ」で、
サラリと事象だけを淡々と積み重ねて行った方が重みがあるのに、
じわじわと気付かせようと書き重ねてゆく重圧が重い。

また、栄二が人生転落してしまう原因が終盤で
明らかにされるのだが、この原因はとんでもない話。
すっかり人間の出来上がった栄二だから修まるのであって、
そこまで人の人生いじくれるものだろうか、と筋に納得がいかない。

小説としては中盤まで面白くて先が読みたいばかりに
一気呵成に読み耽ってしまう。

それだけに終盤が、明らかにされてゆくストーリーに
不満が残ってしまった。



''~''~''~''~''~''~''~''~''~''~''~''~''~''~''~''~''~''~''

ぽちっとヨロです♪(>Д<)ノ

人気ブログランキングへ
♦人気ブログランキングへ♦

''~''~''~''~''~''~''~''~''~''~''~''~''~''~''~''~''~''~''


関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply