バイトの労働条件

貴志祐介 「青の炎」 の読書感想。

貴志祐介  「青の炎」


貴志祐介  「青の炎」  角川文庫

ここんとこ、大感動が無かった私にとって、久々の大感動。
  
秀才肌の今時の高校生が主人公。
母親の昔離婚した義父が、今頃になって平和な母子家庭に
闖入してくる所から物語はスタート。
飲んだくれの元義父には秘密があるんですが、正義感と生真面目な主人公は
大切な母親と妹を守るべく完全犯罪を企てる...。
  
こういうのを倒叙小説と云うんだそうですね。
犯罪者側からストーリーが展開してゆくことによって、
推理と言うより犯罪者の深層心理と殺人トリックがすこしずつ
暴かれていく恐怖心理が克明に書き現されてゆきます。
うまいです、何もかも。
  
後日譚がありまして、感動した私、ビデオまで借りてきました。
「嵐」のメンバーとかあややが出ている映画版です。
でも、小説の細やかな表現が全然駄目で、
小説を読んだ人にはテンデ駄目だったでしょうなぁ。
もっとも此処までリアリティに書き上げられた傑作を
2時間ちょっとで纏めようってのが無理。
  
本編は大きくは2回の山場がありまして、
第一の目的が達成されたところからが真の悲劇。
どうしてこうも不幸に見舞われるのかと、読んでいても熱くなっていきます。



FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
↑もし良かったら、ポチして下さると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply