バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

黒川博行  「雨に殺せば」  の読書感想。

黒川博行
  • comment0
  • trackback0
黒川博行  「雨に殺せば」  文春文庫

黒川博行  「雨に殺せば」  文春文庫


東野圭吾(1958-)や伊坂幸太郎(1971-)が
大人気な現代ミステリ界ですが、私は東直己(1956-)や
今回読んだ黒川博行(1949-)の方が好きです。

伊坂はまだ初期の作品(グラスホッパー、重力ピエロ)しか
読んでないので文体が自分に合わないんですが、
東野は少し軽い感じが合わない。

その点、東と黒川はじっくりと読み進めたい筆致が
自分好みで、特に黒川の地味ながら本格派警察モノは
リアリティ過ぎて、こういう職人的なスタイルを
初期の頃から押し出していたのに感心させられる。

黒川作品としてはお馴染みの黒豆コンビという
大阪の刑事二人が、軽妙な会話で捜査が進んでゆく。

題名「雨に殺せば」が重要なキーポイントとして
終盤浮かび上がっており、ラストの謎を解き明かして
ゆくシーンは少し2時間ドラマっぽい。

銀行の現金輸送車が襲われ、死者も出る。
しかも襲われた銀行行員が自宅マンションから
飛び降り自殺するという、事件が立て続けに発生する。

少しの手掛かりを元に、捜査を広げ深めていく事で、
地道に事実が浮かび上がってくる。

容疑者の誰もが少しづつ怪しく、それだけに
慎重な捜査が必要となってき、終盤まで
どう決着してゆくのか読みにくいのも面白かった。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 書評・レビュー

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply