バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

T・ハリス  「ハンニバル」上下  の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
T・ハリス  「ハンニバル」上下  新潮文庫 T・ハリス  「ハンニバル」上下  新潮文庫

T・ハリス  「ハンニバル」上下  新潮文庫


十年ほど前、映画はリアルタイムで観た。
ラストのディナー・シーンが衝撃的過ぎて、
正直あの「お食事」シーンしか覚えていない。

しかし「ハンニバル」といえば、あの「お食事」と言う様に、
全く忘れられない強烈な後味の悪さを残している。

この小説は、5年ほど前に買ったもの。
ようやく読む順番になったので読んだのですが、
久々に寝食を忘れて読み耽りました。

読後、姉妹作「羊たちの沈黙」「レッド・ドラゴン」
「ハンニバル・ライジング」と四部作と云われる全作を買い揃えたほど。

面白いというのは不謹慎だけど、ベストセラーになったのは
良く分かります。

有名な「羊たちの沈黙」では、地下牢に拘束された
ハンニバル・レクターの、その後の悪事を描きます。

なぜこうなったかは、「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」
を読まないと見えてこないですが、本作でも彼の過去(幼少期)が
所々登場します。

恐怖の幼児体験が彼の異常基調となっているのですが、
こうまで怪物になってしまうものなのか。

終盤は手に汗握る展開の連続で、勧善懲悪で終わらない、
妖しく不思議な、霧に消えてゆくような終わり方。
鳥肌が立ちます。



--...-...--...-...--...-...--...-...--...-...--

人気ブログランキングへ
 ♦人気ブログランキングへ♦

--...-...--...-...--...-...--...-...--...-...--


関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply