バイトの労働条件

宮本輝 「流転の海」 の読書感想。

宮本輝  「流転の海」  新潮文庫


宮本輝  「流転の海」  新潮文庫


宮本輝の自伝的大河小説。
現在第5部まで刊行されていて、どこまで書き継がれるのか
期待されている状態。

現在私は長編「つづきもの」を2つ(鬼平、かわせみ)読んでいるので、
これ以上続き物に手を出したくなかったが、知らずに読んでしまった。

非常に名作の誉れ高い作品で、私も何かの読書推薦に
興味を持って買ったんだと思う。

全403ページ。
ストーリー展開が見事で、次から次へと先が気になる事件が起こり
話は進んでゆく。前半はアっという間に読みましたが、中盤からは
興味が薄れてきた。

これは主人公熊吾の性格や行動によるものだろう。
明治生まれの豪傑タイプで、学は無いけど行動力と野生のカンがあり、
人情もろいが身勝手で周りを振り回している。

妻子を愛しているが浮気をし、妻に気に食わない事があると暴行が酷い。
明治の一代男にはこの手のタイプが多かったんだろうけど、
ちょっと不愉快になる。それでも彼に関心を持ち続け、行く先々で
嵐が起きるのを楽しめるかどうかが鍵。

先見の明に長けているのに、不幸の影が次から次へと立ちはだかる。
それに立ち向かってゆく姿を勇ましいと思うべきなんだろうが、
「どうせこの後も不幸がくるんだろうなぁ」と思ってしまうと、
ハラハラよりイライラしてしまう。

純文学というジャンルで考えれば滅法面白いストーリーだが、
散々面白いエンタメ小説が溢れている現代では、このあと
第二部第三部と読み進めるべきか。
それでも第二部は買ってしまった・・・。



∞゚:゚∞…∞゚:゚∞…∞゚:゚∞…∞゚:゚∞

にほんブログ村 本ブログへ
ブログ村 本ブログ♪

∞゚:゚∞…∞゚:゚∞…∞゚:゚∞…∞゚:゚∞


関連記事
スポンサーサイト
宮本輝新潮文庫

Comments 0

Leave a reply