バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

池波正太郎  「鬼平犯科帳」12  の読書感想。

池波正太郎
  • comment0
  • trackback0
池波正太郎  「鬼平犯科帳」12  文春文庫

池波正太郎  「鬼平犯科帳」12  文春文庫


鬼平全24巻中、第12巻。
ようやく半分まで来ました。

鬼平や御宿かわせみを読んでいて思うことは、
超長編ともなると「波」があること。

作家だって人間ですから体調変化もあろうし、
他の仕事も平行してやっていたのでしょう。

アイデアが乏しくなることもあろうし、
安定した人気長編で実験的試みをしてみたくなる事も
あるのでしょう。

この第12巻は久々に凡作で、新しい取り組みを目指す意気込みは
分るが、面白く仕上がっていない「密偵たちの宴」などを
収めています。

この「密偵たちの宴」は、今や鬼平たちの犬となった元盗賊たちが、
もう一度だけ見事な「お勤め」をやってみようじゃねえかと
悪巧みする「微笑ましい?」短編。

大金で薬を購わないと孫が死んじまうとか、過去の悪行を揺すられて
泣く泣く再犯するとか、そういったハラハラした「お勤め」復活なら
まだしも、世間で嫌われている因業商人から金を盗んでみようと
軽いノリで再犯してしまうのは、ちょっと鬼平にしては設定が軽すぎる。

「高杉道場・三羽烏」。
平蔵と左馬之助は無二の親友だが、当時もう一人の男を併せて
高杉道場の三羽烏と謳われたそうな。
そのもう一人の男が、盗賊となって現れた。
これは使いようによっては物凄いキャラになったのに、
この一作で殺られてしまう。

ここはなんとか生き延びさして、のちのちまで鬼平を
苦しめる存在にした方が良かったんじゃないの?

鬼平は圧倒的に強く、一騎打ちとなればまず負けない。
そんな先の見えた勝負は面白くなく、ギリギリまで
どちらが勝つか分らぬ、時によっては危機一髪で助太刀が
あってようやっと勝てるといった勝負も入れて欲しい。

第13巻以降、面白さが復活して欲しいものだ。



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply