バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

志摩園子  「物語バルト三国の歴史」  の読書感想。

世界の歴史
  • comment0
  • trackback0
志摩園子  「物語バルト三国の歴史」  中公新書

志摩園子  「物語バルト三国の歴史」  中公新書


中公新書の「物語~世界各国~の歴史」シリーズ。
今回は「バルト三国」を読みました。

何度も地図を見直して三国の位置を再確認したんですが、
北から「エストニア」「ラトヴィア」「リトアニア」順に並んでいます。
あいうえお順に「エ」「ラ」「リ」と並んでいると覚えれば簡単です。

三国じゃなく、なぜ一国だけの歴史じゃないの?
と思ったのですが、読めば良く判ります。

この三国は、分け難き国家歴史を共有してるんですね。
ラトヴィアだけを述べようと思っても、他の二国や
ロシア・ポーランドが絶えず絡んでくるのです。

この中でも目を引いたのが、リトアニア。
リトアニアは、15世紀にはバルト海から
黒海までの大領土を構築していたんです。

しかも現代ポーランドの倍以上の国土で、
その後リトアニア大公ヨガイラがポーランド女王ヤドヴィガと結婚し
国家合同が形成されます。難しい舵取りをこなせていれば、
中欧最強の国家となっていくチャンスがあったのです。

しかし三国には多くの言語がまたがっており、
ドイツ人やロシア人の入植や貿易商人で混在しています。

言語や宗教、人種などで国家が形成されていった昔は、
なかなか一つに纏まり難かったのでしょう。

長らくの混迷の果て、ようやくバルト三国として落ち着いてきました。
三国が協力して国家隆盛を目指せば、面白い歴史が開けそうな準備が
出来ています。



*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ぽちッと応援よろしくね♪(・∀・)∩


*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*


関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply