バイトの労働条件

雫井脩介  「栄光一途」  の読書感想。

雫井脩介  「栄光一途」  幻冬社文庫


雫井脩介  「栄光一途」  幻冬社文庫

ネットでの読者感想は振るってないですが、私は面白かった。
多くの雫井ファンと同様、彼のベストセラー「虚貌」「火の粉」
を読んだ後、本書デビュー作を読んだ。

そりゃベストセラーより最初期のデビュー作の方が、
格も質も落ちるでしょう。

そういったの抜きにして、単なる一作品として読むと、
そこそこ読めます。一日五十ページくらいしか読めない
遅読派の私が、毎日百ページ以上のペースで読みましたから。
寝る間も惜しんでって程ではないけど、暇を見つけては読んでいた。

たぶん生まれてはじめて読んだジャンル。
スポーツ界(柔道)のドーピング検査が主題。
世界王者の経歴を持つ若きヒロインは、現在
日本柔道強化チームのコーチをしている。

若くして彼女がコーチになったのは、無理を重ねて体を壊したから。
この裏事情もラストで明かされるのだが、世界を目指すスポーツ選手が
いかに過酷な試練に対峙しているのか良くわかる。

オリンピック出場選手選考も間近なとき、ヒロインは首脳部に呼び出される。
男子柔道選手で、ドーピング疑惑があると密告があったのだ。
彼女は三週間以内にその人物を調査しなければいけない。

容疑者は二人。
そのどちらも各々疑問点があり、じりじりと核心に迫ってゆくテンポもよい。

五百ページ近くある大作だが、一貫して飽きさせない。
柔道試合の対戦シーンも描写うまく、どっちに転ぶか進むか
わからない流れ作りも上手い。

柔道のドーピング疑惑ミステリーなんて面白いか?と読み始めたが、
予想以上に面白かった。


∞゚:゚∞…∞゚:゚∞…∞゚:゚∞…∞゚:゚∞

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ぽちよろ♪(・∀・)∩

∞゚:゚∞…∞゚:゚∞…∞゚:゚∞…∞゚:゚∞

関連記事
スポンサーサイト
雫井脩介幻冬社文庫ドーピング疑惑ミステリー

Comments 0

Leave a reply