バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

平岩弓枝  「御宿かわせみ」12  の読書感想。

平岩弓枝  「御宿かわせみ」12  文春文庫

平岩弓枝  「御宿かわせみ」12  文春文庫


書名は「夜鴉おきん」(御宿かわせみ12)。
第8巻あたりから面白くなっていたのに、前巻11巻がハズレ。
浮き沈みがあるねと前回11巻では書いたが、この第12巻は俄然面白かった。
8小編からなるのですが、そのほとんどが面白い。

しかもミステリとしてもなかかなで、今までみたいに
「犯人は判っているが、動機と証拠固め」なんてワンパターンでない。

ホロリとさせられる人情味が増し、それでいて謎解きも後半まで不透明、
落ちも不自然さがない。これは良くなってきた。

そもそも大長期連載されるというのは、それだけ理由があるもの。
文春では女流の捕り物長編が欲しかったんだろうし、
初期の凡庸を我慢してここまで育てた出版社の努力は大きい。

もちろんそれに答えて成長した著者自体も大きいが。
こうなったら、次の第13巻はもう少し早目に手に取ってみよう。



*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:.:*~*

ぽちよろ~♪\(・∀・)/
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:.:*~*



関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想文
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback