バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

福田誠 「潜水戦艦ニューヨーク奇襲作戦」 の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
福田誠  「潜水戦艦ニューヨーク奇襲作戦」  実業之日本社


福田誠  「潜水戦艦ニューヨーク奇襲作戦」  実業之日本社


潜水戦艦をバカバカしいと笑い、ニューヨーク奇襲なんて
出来るわけ無いとあきれる。

そう頭ごなしに考えてしまう人は、本書に感心さへ抱かないだろう。
この本は、潜水艦が戦艦化していたら何が出来ただろう・・・?
ニューヨークを艦砲射撃したら、アメリカは厭戦気分になったかも・・・?
と、限りなくムリな想定を、さも出来そうに書いている。

まず、山本五十六が長岡藩家老山本家を相続せず、高野五十六のままでいる。

大怪我により純粋エリートからアウトローとなった五十六は、
連合艦隊と双璧を成す潜水艦隊を形成し、彼が率いる潜水艦隊は
米軍太平洋艦隊の空母戦艦を各所で撃破撃沈してゆく。

実際米軍は潜水艦部隊を太平洋各地に潜伏させ、
日本軍補給ルートを中心に多くの船舶を撃沈させた。

五十六自慢の潜水艦は大和級三連46サンチ砲を
積み込む大型船にまで発展してゆく。

どうやって大砲の防水対策をするのか不思議だが、
ラクラク潜水するのである(笑)。

敵空母との艦隊決戦はお笑いで、潜水戦艦は亀の子よろしく
ピョコッと顔を出すやズドンと大砲をぶっ放す。

戦果を見届ける間もなく沈潜し、潜水戦艦はうまうまと逃げおおせる。

驚くのは米軍空母だ。
水中より大型潜水艦が浮上したかと思う間もなく、
46サンチ砲をぶっ放されるわけだ。

この辺の描写はまさにエンタテイメントで、
お恥ずかしいが、かなり面白く読めた。

終盤はニューヨーク奇襲だが、
紙数が少なくなってしまったのか
急に駆け足になったのが残念。



*:;:*〓*:;;::;;:*〓*:.'.:*〓*:;;::;;:*〓*:;:*

ポチッ応援よろ♪(・∀・)∩
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ♪

*:;:*〓*:;;::;;:*〓*:.'.:*〓*:;;::;;:*〓*:;:*

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply