バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

檜山良昭 「大逆転日本経済沈没を救え!」 の読書感想。

檜山良昭  「大逆転日本経済沈没を救え!」  徳間ノベルス


檜山良昭  「大逆転日本経済沈没を救え!」  徳間ノベルス


歴史シュミレーションの檜山良昭による、
バブル経済崩壊後の日本を描いたドタバタ三文小説。

私は檜山の解かり易い文体や発想が大好きで、
彼の作品は手当たり次第収集・読破しているのだが、
この作品は、酷かった。

おそらく彼のワースト1作品で、これ以下の作品が無いことを願う。

平成6年、東京中日スポーツ新聞に9ヶ月近く連載された大作で、
ノベルス・サイズ2段構えの377ページ。

時代設定は平成6年から、しばらく経った日本経済、
おそらく平成20年前後を、想定しているんだろうから、
今、読んでいる平成23年は、まんざら遠くも無いリアルな設定だ。

日本は経済戦争にすっかり敗れ、ジリ貧になってしまった状況にある。
東南アジア諸国は発展を謳歌し、日本から学ぶものは何も無くなり、
日本へは観光や夜遊び目的で団体さんがやって来る。

旅行会社新入社員の主人公は、一発当ててやろうと、
学生時代の不動産屋新人と画策し、五百億円台の赤坂ビルを
六百五十億円で売りつけてやろうと目論む。

台湾の経済視察団体を案内する中で、旅行会社の実態や
官僚、不動産、土産店など、現代日本が海外で行ってきた悪行を、
逆に外国人からされる過程で警告している。

素材や裏事情など小さな素材の数々は読むべきものがあるのに、
それをドタバタ喜劇でスポーツ新聞向けに纏め上げたのが敗因。

「日本経済沈没を救え」だから、政治家や大企業社長が
あの手この手の国策で、外国に立ち向う内容の方が、
檜山には、良い作品が書けたんじゃないかと思う。



*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:★:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*

ぽち応援よろ♪(ゝω・)v

人気ブログランキングへ

*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:★:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*

関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想文
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback