バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

藤沢周平 「花のあと」 の読書感想。

藤沢周平
  • comment1
  • trackback0
藤沢周平  「花のあと」  文春文庫

藤沢周平  「花のあと」  文春文庫


まさに「珠玉の短編集」と呼ぶに相応しい、短編7篇。

隠居盗賊、尼さん、酌婦、強盗殺人捕り物、
売れる前後の安藤広重、市井もの、武家もの
とバラエティに富んでいる。

読む短編ごとに江戸時代の違う側面が現れて、
次はどんな話かな?と読むことをやめれなかった。

特に表題作にもなっている「花のあと」。
前半は、これが表題作になるほどなの?他の短編よりは若干長いからなの?
と思って読んでしまうが、中盤からそれが間違いだったと気づき出す。

おばあさんの昔語りという形式をとっており、おばあさんの乙女の恋話かよ
と読んじまうんだが、これがとんでもないラストに繋がってゆく。

そりゃ、表題作になるわな、と感心した。

浮世絵師とか、摺り師とか、歌舞伎役者とか、落語家とか。
そういった芸人の裏話なんかが、私は好きだ。

そういった点で「旅の誘い」は、
歌川(安藤)広重の「東海道五十三次」がどのような経緯で作られたか、
それをプロデュースした男の転落と絡ませて読ませる。




★*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*★

ポチッ応援よろ♪(・∀・)∩

人気ブログランキングへ


★*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*★


関連記事
スポンサーサイト

Comments 1

謎の村石太&子連れ狼  
趣味娯楽の歴史

プログ 藤沢周平で 検索中です。
藤沢さんの人生も スゴイですね(ウェーブで 調べました。)今から 何年前だろうか? チャンバラ人気 時代劇人気 忍者ブーム。その後 ヤクザ映画が 流行るのかナァ?
キムタクの武士の一分(藤沢周平作)寅さんシリーズでおなじみの 山田監督
を 見ました。面白かったなぁ。
映画同好会(名前検討中 小説同好会(名前検討中
僕の時代は SF時代かなぁ。

2012/05/11 (Fri)  | EDIT | REPLY |   

Leave a reply