バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

海音寺潮五郎 「柳沢騒動」 の読書感想。

海音寺潮五郎
  • comment0
  • trackback0
海音寺潮五郎 「柳沢騒動」

海音寺潮五郎 「柳沢騒動」 時代小説文庫

やっぱり海音寺潮五郎は面白い!と、堂々お薦めできる作品。
牧野備後守、犬公方綱吉、柳沢出羽守と中心に述べられる人物は移り行くが、
全編に絡んでくるのが水戸のご老公(光圀)。
著者も「あとがき」で述べているように、「水戸黄門」とした方が良かったかな?

この手の作品には、あと忠臣蔵が大きく絡んでくるのだが、
本作品ではそこまでは至らず終わる。
ほんに元禄は話のネタに事欠かない時代である。
このあとは、新井白石や間部詮房と続き、そして暴れん坊将軍・吉宗。

でも栄枯盛衰、大名の改易・減封もしくは大いなる成り上がり等が起こる、
この時代の方がダイナミックで面白い。
ガキの頃は、歴史モノといえば戦国時代が大好きだったが、
社会人となった今では江戸時代中期が一番しみじみと心にくる。
それは恐らく、現代社会にも相通じる要素が多分に含まれているからであろう。

しかしどの作品を読んでも犬公方の言動には腹が立つ。
結局はあれほど渇望していた自らの血脈は絶えてしまい、ざまぁみろと言いたい。
もっとも親父である三代家光もクダラナイ奴だから構わないが。
ちなみに私の先祖は、豊臣秀長にやっつけられたそうだから、家康様々なんだけどね。


FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply