バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

落合信彦 「小説サブプライム」 の読書感想。

落合信彦 「小説サブプライム」 集英社文庫

落合信彦 「小説サブプライム」 集英社文庫


二十年ほど前、世界政治経済をまとめた本
「国際情報 Just Now」(1991年)で、落合信彦を知った。

面白かったと友人に勧めたら、数ヵ月後、落合氏の本を全作品読破した!
と友人が興奮していたのを思い出す。
それほど彼の作品には、嵌る人は嵌るのかもしれない。

本作は、あの悪名高いサブプライム・ローン問題を中心とした、
アメリカ経済界で働く主人公達の小説である。

あくまで「小説」と、冒頭につけているだけあって、
経済事情の変化を、うまく小説に織り込んでいる。

しかし主人公は、ピンチが近づくとコメカミが疼く
特異体質(超能力)を持っており、企業破綻やテロ事件を
見事に回避してゆく。

ちょっと出来すぎで、苦笑い。

サブプライム・ローンが市場で形成され、持て囃され、
崩壊してゆく描写は流石。

ハリウッド風なんかにせず、新書解説風に経済メカニズムとその過程に
的を絞って堅く書けば、落合信彦は、もっと面白くなったんではないか。

たしかに、小説仕立ては読みやすかったし、彼への門戸は広がったろうが、
なんだかチャチイものを読んだ気がして仕方なかった。



人気ブログランキングへ♪
ぽち投票応援よろ~(´・ω・`*)∩
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログへ♪
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想文
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback