バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

天童荒太 「孤独の歌声」 の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
天童荒太 「孤独の歌声」 新潮文庫

天童荒太 「孤独の歌声」 新潮文庫


かつて天童荒太「永遠の仔」が話題になったが、あれは全5巻と大長編。
初っ端から挑戦するのにビビッたんで、一冊もので入門しようと買っておいた一冊。

ところがこれは著者のデビュー作だったからか、風聞とはかなり違う作風?
いわゆるサイコものという内容で、私的には意外と楽しめた。
もっと道徳的というか、生真面目で堅苦しい人生道が語られる作風かと
思っていたので、結構エンタメだった。

主人公は過去の事件によるトラウマを抱えている。
その原因は終盤まで伏せられており、どんな事件に遭ったんだよ、と
想像を膨らませてしまうが、その事件をきっかけに警察官を目指した
という伏線がある。

そして、事件解決に協力してくれるミュージシャンを目指す若者。
最初は、こいつが真の犯人かと思わせるような導入部で始まり、
中盤まで気を引き締めて読ませる。

その後、次々と起きる残虐な女性殺害事件。
警察は必死になって犯人を追うが、それを嘲笑うかのように
被害者は、増え続ける。

アイデアがテンコ盛りで、若干詰め込みすぎだが、
意外と面白かったのは、先述したとおり。
しかし、次の一冊を買っておきたい、とまでは思わない。





にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply