バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

シュトラール 「アドルフ・ヒトラーの一族」 の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
シュトラール 「アドルフ・ヒトラーの一族」 草思社

シュトラール 「アドルフ・ヒトラーの一族」 草思社


珍しく単行本です、2006年初版、1900円と高い。
ただしそれだけの価値はあり、実に面白い考察に満ちた一冊。
ヒトラー本は山のようにあれど、彼の一族を研究した本はあっただろうか。

東洋では一族郎党という言葉があるように、一人の独裁者が登場したら
その親族から姻族や同郷のものまで、こぞって採り上げられ出世する。
古くは藤原氏や平家、太閤豊臣家に徳川松平、近代でも薩長土肥という言葉が
あるように、鹿児島や山口県の氏族が、どんどん引き立てられた。

ところが、あのヒトラーは自らの一族をほとんど採り上げなかった。

採り上げるどころか一族縁者を毛嫌いし、自分は天涯孤独な天から、
突然落ちてきたような孤立無縁を、表現しようとさへした。

最後の最後には結婚して自殺したが、それまでは結婚さへ遠ざけ、
永遠の国民的アイドルを、イメージしようとした。

そんな彼が、ひた隠しにした一族とは何だったのか?
祖先から父や母、異母兄弟から問題となる姪っ子や遠い親戚まで。
これらを丹念に調べ上げることで、興味深い彼の内面まで見えてくる。

どうして、本書があまり話題とならないのか。
いや実はなっているのかも知れないが、多分それは一部識者の間だけだろう。

最近は、個人のアイデンティティが重視され、家柄だとか一族だとかは
古い考えになってきたが、歴史をみる観点では一族血族の背景は
非常に需要だと思う。


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply