バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

池東旭 「韓国の族閥・軍閥・財閥」 の読書感想。

池東旭 「韓国の族閥・軍閥・財閥」 中公新書

池東旭 「韓国の族閥・軍閥・財閥」 中公新書


かつて中公新書「物語韓国史」を読んだが、神話にはたっぷり紙幅を
ついやしてるのに、近現代は足早だったのが不満だった。
そこで本書を買った訳だが、これは存分に満足いく内容だった。

歴史と云うのは著者の観点記述によって、大いに変わるもので、
完璧に正しい史書というのは、この世に珍しいだろう。

だから韓国史の何が正しく、何が間違っているのかさへ、
今の私には判らないのだが、取り敢えずは手当たり次第、
読み進んでいこう。

類似本を読んでいくことによって、あの本ではこう書いてあったのに、
別の本ではああ書いてるんだな?と比較できるようになり、
いつしか史論の中心と異端が、判ってくるだろう。

本書はどうなのか、かなり過激な見方が開陳されている。
ほぼ記載どおりなら、本当に大変な隣国だ。

携帯電話で訴訟合戦をやっていたが、韓国の今後が
どうなるか心配になってくる。

戦前の族閥政治、戦後の独立から軍閥が三十数年続き、
民主化とともに財閥が、のっぴきならない規模に膨張してゆく。
今度の新しい大統領は女性で、クリーンなイメージを持っていたが、
本書にて彼女の亡父について読むと、本当にその通りだったら
と考え込んでしまう。

父と娘は親子ではあれ、別人格なんですけどね。

1997年初版と古いのが残念で、本書が近年までの韓国を
描き込んだものだったら、もっともっと面白かったろう。

それは無理な注文だが。それほど、興味深く読んだ。
各国の歴史を読むことは、本当に面白い。




人気ブログランキングぽち応援よろ~ん♪

にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想文
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback