バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

宮部みゆき 「パーフェクト・ブルー」 の読書感想。

宮部みゆき 「パーフェクト・ブルー」 創元推理文庫

宮部みゆき 「パーフェクト・ブルー」 創元推理文庫


著者の最初に出版された長編デビュー作。
宮部みゆきの本を、5年前まではほとんど購入して未読本として格納してあり、
最初から読もうと思って、本書から手をつけた。

しかし、どうせなら名作と言われているものを読むべきだった。
デビュー作と斟酌すれば技量は高いが、様々なミステリを
読んでいる中の一冊としては全然駄目だった。

これに懲りず、買い溜めた宮部本を読み進めてはいかなくちゃ。

高校球児が焼身自殺を遂げる。
家族経営の探偵事務所が事件解明に動き、
製薬会社の陰謀が明るみになってゆく。

シリアスで暗すぎる薬害事件を、元警察犬目線で
進めてゆくユーモラスさで新機軸を打ち出している。

ミステリとして凝ろうとしているのだが、自分は
ハードボイルドの方が好きで、ほんわかした人達が
危機を乗り越えていくのに違和感がある。

そんな甘ちゃんだと、現実では返り討ちに遭うだろう。


ぽちヨロ~ん♪
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想文
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback