バイトの労働条件

南条範夫  「隠密くずれ 悪党狩り」 の読書感想。

南条範夫  「隠密くずれ 悪党狩り」

南条範夫  「隠密くずれ 悪党狩り」  光文社文庫

「隠密くずれ」第3巻かつ最終巻です。
わたし、このお話は続き物だと思ってたんですが、
作者南條先生は依頼があるごとに書き散らしていたようです。
3冊に纏めるに当たって、それらしく旅路が続いているように見えるんですが、
初出一覧によれば、てんでバラバラ。

最終巻の本書は信州上田から始まって、
飯田・岡崎・桑名・彦根・徳島・高知・福岡と流れ流れてゆきます。
みなさんの故郷はありましたか?

まぁ、正直に申せば、このくだらない珍道中3巻が読み終わってホっとしてます。
南條範夫大ファンでもこうなのだから、一般人にはお薦めできませんよねぇ。
でも、3冊も読んでると「幻の三蔵」と「夢の五介」が愛おしくなってきます。
もう彼らのお話が読めないんだなぁ、と思うとしんみりしてくる所が
南條先生の偉大なところです。


FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
関連記事
スポンサーサイト
南条範夫光文社文庫

Comments 0

Leave a reply