バイトの労働条件

杉本章子 「妖花」 の読書感想。

杉本章子 「妖花」 文春文庫

杉本章子 「妖花」 文春文庫


時代小説、その中でも市井ものといわれるジャンル。
このジャンルなら、藤沢周平を一番多く読みましたが、
ほろりとする作品が中心でした。

ところがこの杉本章子は違う。
最後の最後まで、主人公に明るいラストを残すかのように期待させといて・・・
落とす。

この短編6編は、ほとんどラストで暗澹たる気持ちにさせられます。

でも、こういった展開も必要です。
起承転結、様々な流れがあって、最後どうなるのか。
ハッピーエンドが金科玉条のごとく守られていたら、
いくら中盤で手に汗握っても「でも、最後は丸く収まるんでしょ?」
と、ハラハラし切れない。

その点、本書は別の意味で問題。
哀しい女、悲しい話、そしてカナシイ結末。

もしかしたら・・・と思いページをめくり、
その望みを断ち切られる。

一種の残酷ものだと思う。



関連記事
スポンサーサイト
杉本章子文春文庫

Comments 0

Leave a reply