バイトの労働条件

大島一洋 「芸術とスキャンダルの間」 の読書感想。

大島一洋 「芸術とスキャンダルの間」 講談社現代新書

大島一洋 「芸術とスキャンダルの間」 講談社現代新書


ミステリ小説に、犯罪モノがありまして、
犯罪モノの中に、芸術・美術品コーナーがあります。

高価な絵画骨董が盗まれて云々、という話もありますが、
私は贋作モノが好きです。ピカレスク視点に立って、
いかに、贋作を金持ちに売りつけ、逃げ切るか。

贋作製作者側と、購入者、そして鑑定家との闘いです。
そんなミステリになるような話が、実際にもあることが、
本書を読めば愉しめます。

古来贋作の歴史は古く、
「これくらいの絵だったら、俺だって書いてみせらぁ」
と、思った技術者は多かったのでしょう。

無から本物を創造することは出来なくても、
完璧に複製品を造ることは出来る、
そんな人はいるものです。

それでいて贋作者は、どこかに複製品だけにあらず、
自分だけの足跡を敢えて、贋作に残したがるもので、
それが、真贋の見極めとなってしまいます。

本書は第一部贋作編(全9章)、第二部盗難・裁判編(全5章)と
エピソードたっぷり。

その他にも、コラムが13話も挿入されて、高尚な芸術界には
これでもかこれでもか、とばかりに金の亡者が蠢いていて楽しい♪

著者の他の著作を読もうと検索したが、
2006年初版の本作しかヒットしない。

こういう面白い本はどんどん出して欲しい。


 にほんブログ村 本ブログへ
ぽち応援ヨロ~★
関連記事
スポンサーサイト
大島一洋芸術スキャンダル講談社現代新書

Comments 0

Leave a reply