バイトの労働条件

小谷野敦 「日本の有名一族」 の読書感想。

小谷野敦 「日本の有名一族」 幻冬社新書

小谷野敦 「日本の有名一族」 幻冬社新書


むかし神一行「閨閥」を読み、政治家や財閥は名家や旧華族と
結びついてるんだなと、ウンザリしたことがあるが、
本書は、政治経済に留まらず、文学・学界・古典芸能にまで
一族関係譜を蒐集した一冊。

著者は、東大・同大学院卒だが、ウィキペディアで経歴を参照すると、
非常に忙しい人生を送っている。著作も膨大にあり、
私は、全く知らなかったが、かなりの支持者がいる模様。

著者は、系図係累を調べ一覧表に纏めるのが好きだそうで、
その集大成が本書。特に文学者は明治・大正・昭和と
かなり網羅されており、あの作家と近頃話題の作家が、
こんな関係で繋がっているのか、と少々面白い。

私のお爺ちゃんの叔父が、あの有名な作家で・・・、とか、
母方の祖母の親類ですが、戦前の外務大臣をした何某がいまして・・・
なんて云うと、「へえ、あの有名人の血が128分の1とはいえ
入ってるんだ」と、少し見直してしまう心情がある。

へえ、と感心した血縁を少々。
作曲家兼指揮者、山本直純の親戚に、有島武郎と里美弴がいる。
大好きな指揮者、尾高忠明の遠縁には、澁澤龍彦や穂積陳重や渋沢栄一がいた。

やっぱり芸術家はお金持ちでないと、なれないのだなぁと僻んでしまった。




人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
小谷野敦一族幻冬社新書

Comments 0

Leave a reply