バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

脇村義太郎 「東西書肆街考」 の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
脇村義太郎 「東西書肆街考」 岩波新書

脇村義太郎 「東西書肆街考」 岩波新書


書肆(ショシ)とは、本屋を勿体ぶっていう言葉。
東西の本屋街について考察されているとは、これは面白そうで格調高い名題だ。

著者は和歌山県出身。
三高(京大の前身)から東大に進学し、若くして東大助教授に駆け上った秀才。
東大経済学部教授となり、日本学士院長や文化功労者にもなった偉い人。

1900年生まれが、本書を1979年(79歳!)に初版したわけであるから、
そりゃもう文章は読み応えたっぷり。
昔の本を読んだなぁという満腹感たっぷりとなった。

学生時代を京都と東京で過ごしただけあって、二都の本屋街を
よく調査されている。ただし、大昔の。

二都の主に古本古書街の形成と変遷を調べ上げた力作。
これでもか!と膨大な本屋の小史が満載だ。

特に神田古書街の変遷は「明治前期」「明治後期」「大正期」「昭和前期」
「昭和後期」の五部に分かれており、神田古書街の歴史を辿りたい人には
打ってつけ。

経済学教授だが、経営史を専攻されただけあって、
古書店の歴史をみっちり書き込んであった。

読みものとしては、面白くはなかった。


にほんブログ村 本ブログへ
応援ぽちヨロー
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply