バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

東直己 「さらば愛しき女と男よ」 の読書感想。

東直己
  • comment0
  • trackback0
東直己 「さらば愛しき女と男よ」 光文社文庫

東直己 「さらば愛しき女と男よ」 光文社文庫


北海道新聞に掲載されたエッセイ集。
私は東直己の大ファンで、彼の著作を全部読もうと揃えており、
年代順にあたってるんで本書を読んだのですが、まあ面白くなかったこと。

酒場における著者の交遊録なわけですが、こんな出会いや
友人との関わりが、酒飲みには大切なのでしょう。

私も酒が好きでして、酒場も好きですが、バーやクラブに行った事が無い。
と云うのも、酒場の料理も好きなため、じっくり酒だけを味わうのは
ノーセンキュー。

旨い料理があって、酒もある。
あくまで料理主眼であって、酒は添え物なんですね。

ところが呑兵衛は違う。
うちの父がそうでしたが、ちょっとした肴だけで延々、酒だけ呑む。

最後に、ちょっとだけ飯を喰ってシメ。
あれで腹が膨れるんだろうか。

私は呑兵衛にならず、真性の喰いしん坊に育ちました。
食いしん坊の人生の方が、よほど愉しいと思いますが、
呑兵衛と喰いしん坊は、似て非なるもの。
判り合えることはないでしょう。

そんなワケで、本書は「呑兵衛」でないと味わうことは難しい。
食いしん坊の私には、東ファンながら詰まらない一冊でした。


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply