バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

大沢在昌 「無間人形 新宿鮫4」 の読書感想。

大沢在昌 「無間人形 新宿鮫4」 光文社文庫

大沢在昌 「無間人形 新宿鮫4」 光文社文庫


これ、また面白かった。
新宿鮫シリーズの第4作だが、今まで読んだ4冊とも、全て面白い。
今更ながら、こんな面白いものを読まずにきた自分に苦笑い。

今回は、覚醒剤にからむ犯罪。
新宿・六本木界隈で、一粒500円とリーズナブルな
キャンディが未成年達の間で、浸透しだしていた。

ごく微量ながら、覚醒剤が混入されたキャンディは
どの国の産地かも判らず、新宿署の鮫島警部を苛立たせる。

一方、地方財閥の分家筋に野心を抱いた兄弟がいる。
彼らがキャンディ密造の大元なのだが、なぜ彼らが
地方財閥の一翼にありながら、密造に手を染めたかが謎を呼ぶ。

偽名を使って新宿のヤクザに下ろし、密売を繰り広げる兄弟だが、
鮫島らの活躍によって、売人を逮捕したことによって、
糸口をつかんでゆく。

本書シリーズの面白いところは、犯人探しでない。

追う方は警察、悪いヤツラも並行して描かれてゆく。
ただ、なぜそんな悪事を働いているのか、鮫島が
どうやって追い詰めるのか、犯人がどうやって逃げ切るのか、
または逆襲が成功するのかが、スリリングなのだ。

ただし、鮫島警部の恋人が凶暴な男に捕まり危機一髪となる。

しかし、シリーズ4作ともなるとこの「ヒロイン」が、今さら
汚される筈もなく、どうせギリギリのところで助け出されるんだろ、
と先が読めてしまうのが、残念なところ。

直木賞受賞作であり、著者の地位を不動とした名作。
不満な点もあるにはあったが、読書中は必死になって読み続けた。
いま、大沢氏の他のどのシリーズを買い込むか、検討している。



 にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想文
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback