バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

田澤耕 「物語カタルーニャの歴史」 の読書感想。

世界の歴史
  • comment0
  • trackback0
田澤耕 「物語カタルーニャの歴史」 中公新書

田澤耕 「物語カタルーニャの歴史」 中公新書


栄枯盛衰とはよく言ったもので、あれほど栄えた王国が、
国ごとなくなってしまったケースが多い。

ローマ帝国が凄いぞ、といっても永遠に続くものでなく、
スペインだポルトガルだと言っていたら、フランスやイギリスが台頭し、
ドイツやロシアも、遅ればせながら暴れ出す。

今じゃ大陸ごと変わって、アメリカと中国か。
奢れる者は久しからず、追いつけ追い越せ、興亡は繰り返す。

そんな毀誉褒貶の中世、地中海を席巻した大帝国があった。
そう、一時の事といえ、大帝国だったのがカタルーニャだ。

今は、スペインのカタルーニャ地方と忍びないが、
スペイン東部の地中海方面だけでなく、最盛期には
マリョルカ島・サルデーニャ島・シチリア島・
イタリア半島南部までも版図とした。

地図で見れば一目瞭然、地中海王の名に相応しい
海洋大帝国を築いていたのだ。

なぜ、そんな大帝国が衰退したのか。
ご多分にもれず、二人の息子に二分し、国家が分裂縮小するためだが、
この辺の舵取りが上手くいっていたら、地中海の勢力分布は
変わっていたかもしれない。

著者田澤氏の文章がイイ。
カタルーニャへの愛が溢れており、歴史がとっても興味深く書かれている。
こういう人こそ、もっと本を出すべきだ。



にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply