バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

野沢尚 「リミット」 の読書感想。

野沢尚 「リミット」 講談社文庫

野沢尚 「リミット」 講談社文庫


こわい小説は、ホラーだけじゃない。
本当の意味での「こわい話」は本書みたいなもので、
現実に起こりえそうな話が、最もやばい。

幼児誘拐、人身売買、臓器移植。
この3点が、日本で組織的に行われたら、という仮想小説だ。

学校の帰り道、いじめられっ子は一人、人気の無い道をとぼとぼ歩いてゆく。
遊園地のトイレに、一人で用が足せるようになった男児が入ってゆく。

日本の何気ない風景には、誘拐されやすい状態がわんさかある。
平和日本と言われなくなってきたが、無用心な親子はどんどん増えている。

エリート商社マンの娘が、誘拐された。
白バイ警察官の夫を亡くした女刑事が、誘拐犯との交渉にあたる。

女刑事には小学校低学年の一人息子がいるが、その子まで誘拐される。
犯人は女刑事の子供を誘拐することで、交渉の急所を掴むわけだ。

前半は、児童誘拐や人身売買の恐ろしい話が続く。
中盤は、警察小説のような迫真の誘拐捜査。
後半からは、ダイハード顔負けのアクションに次ぐアクション。

一人息子を取り戻すため、女刑事の鬼気迫る追跡劇。
五百ページ超だったが、まったくダレることなく猛烈に読んだ。


 にほんブログ村 本ブログへ 
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想文
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback