バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

日垣隆 「秘密とウソと報道」 の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
日垣隆 「秘密とウソと報道」 幻冬舎新書

日垣隆 「秘密とウソと報道」 幻冬舎新書


買ったのに読んでない本が、家に数千冊ある。
どないかせねばと週2冊ペースで読んでるが、
週10冊は買ってしまう。

新刊には興味が無く、5年10年前の評価が定まった本を
中心に買う。30年前の面白そうな題名なんかも好物。

昔の方がいいかげんで胡散臭いがネタに惹かれるものがある。
ただしエンタメは今の方が面白い。

こんな物語があったらなぁと子供の頃に空想したものが、
最近は出ている。
さて、日垣さんの本も数冊買って順番待ちだった。
「そして殺人者は野に放たれる」が買ってあるが、
本書の帯を見て衝動的に読み始めてしまった。

鑑定医が秘密をバラす相手を間違えた奈良少年調書漏洩事件。
週刊新潮が空想虚言癖に騙された大誤報。
賠償額が高騰する名誉毀損訴訟。

これらは本書ウラに書かれた仕掛けだが、見事に喰いついてしまった。
初めて日垣氏の本を読んだが、なかなか面白い。

本もたくさん出しているジャーナリスト。
メディアの表現方法とそのウラ側をどう読み解くか。
フムフムとあっと読んでしまった。


  にほんブログ村 本ブログへ 
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply