バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

碇義朗 「幻の戦闘機」 の読書感想。

碇義朗 「幻の戦闘機」 光人社NF文庫

碇義朗 「幻の戦闘機」 光人社NF文庫


副題に、~「零戦」後の陸海軍機の開発秘話~
とあるように、研究開発中に終戦を迎えたり、
機種削減で開発中止となった幻の機種を追う。

著者碇義朗氏は、「戦闘機入門」を読んでいたので、
本書も安心して読めた。

実際に、陸軍航空技術研究所で戦闘機開発に
取り組んでいたキャリアがあり、開発にかける想い、
愛情深い文章だ。

戦闘機のせいで、何人の尊い命が消えたと思ってるんだ、
と言えるかもしれない。

しかし、より強いもの、究極を具現化する行為に、
人は夢中になってしまう。


全部で11章。
ドイツのロケット戦闘機の一部データからコピーを作り上げた「秋水」。
同じくドイツのジェット機の国産化を目指した「橘花」「火龍」。
高射砲を乗っけようとした「キ109」「キ93」。

鴨のように機首を前方に飛び出させ、主翼を後方に持ってきた「震電」。
プロペラを後尾に、主翼からビームを2本伸ばして尾翼で繋げた「閃電」。
想像がつかなかったら、画像検索して見て下さい。面白いですよ。

高速・高高度を目指した機首もあれば、
発想を大転換して、特異すぎるフォルムを産み出したり。

人間の想像力は計り知れない。
結局は、エンジンの高性能化がカギ。

小型かつ大出力を、精密パーツでハイオク・エネルギーで
稼動させる為には、工業力の地力が勝負となってしまう。

突飛なアイデアだけでは、奇跡は起きなかったことがよく判る。




ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想文
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback