バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

平岩弓枝 「御宿かわせみ16」 の読書感想。

平岩弓枝 「御宿かわせみ16」 文春文庫

平岩弓枝 「御宿かわせみ16」 文春文庫


副題でもある「八丁堀の湯屋」が出色。
黒船も現れる江戸後期が舞台の、御宿かわせみ。

江戸時代の銭湯は、男女混浴が一般的だったとか。

しかし江戸後期ともなり、文化の中心江戸では、
男女混浴では無くなっている。

江戸っ子は、朝風呂が大好きだったそうだが、
出仕出勤前に、朝風呂で身だしなみを整えて
仕事に向かう男性が多かったそうだ。

本編は、そんな朝風呂に事件が起こる。

朝風呂は男性が圧倒的に多く、家事に追われる女性は
ほとんどいない。そこで女風呂も朝だけは男風呂に変更して、
営業していたそうだ。

ところが、そんな男風呂改装は江戸全体にあったわけでなく、
出仕出勤の多い地域に限られていた。
そんな中で、悲劇が起こる。

他の作品「ひゆたらり」「煙草屋小町」もそうだが、
凄惨で哀しい事件が多い。


 ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想文
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback