バイトの労働条件

杉本章子 「残映」 の読書感想。

杉本章子 「残映」 文春文庫

杉本章子 「残映」 文春文庫


徳川幕府、最後の南町奉行、佐久間鐇五郎。
明治維新後、彼が辿った生き様を描きたかったのだろう。

しかし、捕り物帖を絡ませざるを得なかったのが辛いところで、
少々、違和感を感じた。

この佐久間鐇五郎は、南町奉行まで勤めた人物なのだから、
新政府でも望めば、それなりの役職は得られただろう。

しかし幕府瓦解を期に、以前より興味のあった指物師に
転向してしまう。

高級旗本から一介の職人へ。
しかも、自ら望んで市井の人となった。
著者杉本さんだからこそ、ここに食指が動いた。
どの作品も、着眼点が面白い。

歴史研究ならそれでもいいが、
一介の職人になりました、チャンチャンでは
小説にならない。

私は、それでも楽しく読めますが、
朝日新聞に連載する小説としては、そこを土台にしつつ、
本筋は創らなければならなかったのでしょう。

それが、彼を主軸とした捕り物帖です。
権威や名誉を捨てた人が、捕り物をもう一度する。
そんな過程を違和感なく、丁寧に描いてゆきます。

他、小編2編を併せた好中短編集です。


 ぽちよろ♪
関連記事
スポンサーサイト
杉本章子残映文春文庫

Comments 0

Leave a reply