バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

中川右介 「カラヤン帝王の世紀」 の読書感想。

中川右介 「カラヤン帝王の世紀」 宝島新書

中川右介 「カラヤン帝王の世紀」 宝島新書


クラシック指揮者、帝王カラヤン。
20世紀のレコード&CD勃興とメディア戦略にうまく乗り、
そのルックスと商才、そしてなんと言っても認めざるを得ない音響美。

芸術とビジネスを見事にドッキングし過ぎたことが、
彼の芸術的評価を屈折させているが、百年後、
そこそこの評価を得られていると私は思う。

ちなみに、現在残されている数多くのレコードやCD。

古い演奏やアナログ録音だとどうしても歪みや
レンジの狭さで実演の凄さが霞んでしまう。

数百年後、いや、もしかしたら数十年後、
録音さへされていればどんなに粗悪な録音物でも、
見事にクリアに浄化できる技術が確立されるかもしれない。

もし、そんな夢のような技術が生まれるとしたら、
音響美で優位にあるカラヤンにとっては苦しいポジションと
なるだろう。

私が一番凄いなと思う指揮者は、コンドラシンだ。
ただし、残念ながら録音状況が悪い。
悪いフィルターを通してでも、コンドラシンのショスタコ11番なんかは
圧倒的な弩迫力を感じさせてくれるから、やっぱり凄いと思う。

次はヒコックスやギーレンだが、音質がクリアなのに
コンドラシンの怪物性には及ばない。

ましてや、バクバク感ではカラヤンなど足元にも及ばない。
でもカラヤンだって好きなCDは多い。

プッチーニ「トゥーランドット」やワーグナー「ヴァルキューレ」は
いつも愛聴しているし、オネゲルの交響曲第3番はもっと話題になるべき名盤だ。


さて、本書は面白い試みの一冊。
カラヤンは1908年に誕生したが、その前の1901年から
1年1~2ページで音楽シーンが語られてゆく。

いきなりカラヤンがウルム市立劇場の楽長に就任する21歳から
描くのでなく、カラヤン誕生の8年前ヴェルディが死んだとか、
カラヤンの両親が出会った頃とか、等から時代設定を描くことで、
どのような時代に生まれ成長し登場したのかが良く解る。

1989年死後も、2008年までその遺功を絡めることで、
その足跡や影響を解り易くしている。


 ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想文
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback