バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

大沢在昌 「新宿鮫5」 の読書感想。

大沢在昌
  • comment0
  • trackback0
大沢在昌 「新宿鮫5」 光文社文庫

大沢在昌 「新宿鮫5」 光文社文庫


本書の正式書名は「炎蛹」。
フラメウス・プーパと読む。

新宿鮫シリーズ第5巻まで読んできて、一番面白かったのは第2巻だった。
今回の第5巻は夏旅のお供として、長距離移動中も退屈しないよう
新宿鮫と東直己を選んだのだが、本書は今一歩。

て言うか、過去5巻中もっとも読み切るのに苦労した。
ミステリとしては上の下かもしれないが、それまでの鮫4作と比較すると、
期待値未満となった。

南米のお土産品、藁細工に極悪害虫のサナギが
大量に付着していたことが発覚。

防疫技官とコンビを組んで捜査が始まる。
新宿鮫の面白いところは、複数の事件が同時進行するところ。

外国人娼婦殺し、連続放火事件、本来鮫島が捜査していた外国人間抗争。
これらが収斂してゆくのだが、同時並行が多いため視点が散漫となり、
日本中の米が全滅しかねない害虫捜査に、ハラハラできないのです。
盛り込みすぎ。

目先の殺人や放火を無視するわけにいかず、
でも、極悪害虫が羽化してしまっては取り返しがつかない。

いろんなことが勉強になって、面白いには面白いが、
ちょっと取材詰込みになってしまったような、残念なような。


 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 


関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply