バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

東直己 「疾走」上下 の読書感想。

東直己
  • comment0
  • trackback0
東直己 「疾走」上下 ハルキ文庫

東直己 「疾走」上下 ハルキ文庫



夏旅で読んだ、もう一冊。
こちらは大正解の面白いアクション・ミステリーだった。

あずまファンなら大好きな、榊原健三シリーズ第3弾。
「フリージア」「残光」と続く、元殺し屋。
今は山奥で木彫り人形を作って、自給自足の隠遁生活。

この主人公榊原さんは、五十代の高倉健を想定したような孤独なナイスガイ。

殺人マシーンでそのアクション・シーンは鳥肌モノ。
若き日の榊原さんは、組のヒット・マンとして大活躍。

しかし、一生想い続ける女性が出来たことで、
最後の大仕事と引き換えに足を洗う。

女性と結ばれてハッピー・エンドと誰しもが思っていたが、
榊原さんは違った。

こんな俺と一緒にいちゃいけねえ、愛する人は堅気の世界に戻るべきだ。
二人は涙をこらえて別れる。

榊原さんは山へ、女性は故郷へ戻り一般サラリーマンとの
平穏な結婚を選び、男の子を出産した。

ところが、この女性と息子がいろいろと狙われる。
榊原さんの殺戮パワーを悪用したい奴等が母子を拉致ったり、
今回みたいに偶然事件に遭遇したり。

その度に「愛する人を哀しませちゃいけねえ」と
榊原さんは身を挺して戦うのです。たまんないよ、榊原さん。

2008年に出された本ですが、原発の諸問題を採り上げており、
原発・津波事故以後なら出版できなかったかも。


 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply