バイトの労働条件

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐山光三郎 「日本一周ローカル線温泉旅」 の読書感想。

嵐山光三郎 「日本一周ローカル線温泉旅」 講談社現代新書

嵐山光三郎 「日本一周ローカル線温泉旅」 講談社現代新書


ここんとこ有意義な読書が続いていたのですが、本書は久々に詰まらない読書。

書名「日本一周ローカル線温泉旅」は素晴らしく私に喰い込んできたので、
同著「ローカル線おいしい旅」と併せて買ってしまったのですが、
まずは嵐山氏が自分に合う作家か確かめてからにすべきだった。

全体的には椎名誠風な文体。これは昭和軽薄体と言われています。
旅を大きな流れで捕らえず、個々の事象をメモってたのか垂れ流しに
書き連ねている。そこへ下手な俳句が隙あらば入り込み、もう辟易。

北海道から九州まで満遍なく温泉を巡っているのも商業主義だ。
全国の人々に本書を買ってもらおうと「日本一周」と小さく書いてある。
確かに四国だけだったら、四国に行く気がない人はパスするもんね。
でも本当に温泉が好きで、全国を巡ってたら、逆にアクの強い好みも
出てくるはず。

そういった我が儘は押さえ込んで、それでいて野放図で
大らかな自分演出があざとい。

久々に嫌な気分になった、伊丹由宇「東京居酒屋はしご酒」以来。



 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

関連記事
スポンサーサイト

Tag  嵐山光三郎 日本一周 ローカル線 温泉 講談社現代新書

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。