バイトの労働条件

澤田ふじ子  『京都 知恵に生きる』 の読書感想。

澤田ふじ子  『京都 知恵に生きる』

澤田ふじ子  『京都 知恵に生きる』  中公文庫

私は京都出身でして、京都についてアレコレ書いてんにゃろなぁ、
と独り合点して読み始めた一冊。
しかし実際は全然ちゃいます。
そういった期待で読んではいけなかったし、ずるい書名です。
  
江戸時代のご隠居・神沢杜口(かんざわとこう)の「翁草」全二百巻から
想を得て随筆を書くんだ、と筆者は意気込んで書き始めますが、
次第次第に神沢杜口はどこへやら。
一介の小うるさいおばさんの小言集となってゆきます。
  
澤田ふじ子の「公事宿事件書留帳 」シリーズを第七巻まで買い込んでいるので、
本書は今更ながら品定め的に読んでみたのですが、少々げんなり。
 
現在、平岩弓枝の「お宿かわせみ」第5巻を読んでいるのですが、
時代物の女流は、私には合わないのかも。
合わないのかも、と思いつつ粘って読み続けるのが私の読み方。
詰まらん、と思いつつ読んでいても、そのうち良い事もあるさ。
  


FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
関連記事
スポンサーサイト
澤田ふじ子京都知恵中公文庫

Comments 0

Leave a reply